美白化粧品の効果が感じられない2つの理由【化粧水・美容液】

美白化粧品の効果的な選び方

目的に合ったものを選ぶ

目的とは、シミを消したいのか、シミを予防したいのかということです。すでにご存じの方も多いと思いますが、美白化粧品にはシミを消すもの、シミを予防するもの、肌の透明感をアップしあかるくするものの3種類あります。
例えば、シミを消したいのに予防目的の化粧品を使っても効果を感じにくいのです。これを間違うことが美白効果を感じられない原因の1つです。

肌質に合ったものを選ぶ

肌質に合わない美白化粧品を使うと、逆にシミの原因となります。具体的に言うと敏感肌や乾燥肌の方は、刺激の強い美白成分を使うと肌が炎症を起こしメラニンが生成されます。美白化粧品を使っていても、同時にメラニンが生成されるので美白の効果が現れにくいのです。
刺激の強い美白成分の代表的なものにハイドロキノンがあります。肌の漂白剤と言われるくらい刺激が強い成分です。普通肌の方がハイドロキノンを使っても問題無いですが、敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強すぎます。
肌の弱い方は、刺激の弱い美白成分を配合したものを使うと良いです。ハイドロキノンほどの即効性はないかもしれませんが、炎症を起こしてメラニンが生成されるよりは良いでしょう。

エコカー